2012_02
19
(Sun)07:00

気配を消してディフェンスを振り切る


スポーツへ術(健心流縮地法)の応用です。
バスケなどで攻める側のタイミングで動いて(先に仕掛けて)ディフェンスを振り切るという設定です。

普通、動きによってディフェンスを引き離そうとすると
早くスタートし速度をあげて遠ざかろうといたします。
動きを早くしようとすればするほど、動き出しの情報を強く相手に伝えてしまいます。
いくらスピードが速くても動きだす前に相手に「いきますよ!」と態度で教えてから
動き出すのでは引き離そうとする勝負においてマイナスです。


(問)早く動こうとするときに出るサイン(合図)は何か?
(問)体から発するトリガのようなサインを相手に伝えているのは(媒体は)?

では!
(策)いかに動き出しの気配を消すか・・・
(策)いかにサインを伝えないようにするか・・・(どうしても伝わる場合、どうする方が良いか)

この術はこれらをクリヤーすることでディフェンスに始まりを教えずに動き出すことが可能になります。




「スポーツに古武術を応用」の関連記事は : こちら 
「気配を消す(突き・接近法)」 の関連記事は : こちら
「縮地法」の関連記事は : こちら 
2011_09
19
(Mon)07:09

(会)突きと蹴りの間合いを近づく 動画

この記事は会員限定です。
会員限定動画はこちら→突きと蹴りの間合いを近づく 動画


「突きの間合い」と「蹴りの間合い」で稽古をいたしました。

打つか打たれるかというピリピリとした緊張感の中
相手に悟られずに間合いをつめるという稽古です。

最初は踏み込めば相手に突きを入れられる間合いの条件で行い

次に蹴りを想定した間合いの条件で突きを入れる稽古をいたしまいた。

間合いが遠くなるとそれを埋めるため近づく速度に加速が必要となり
こぶしが到達するときには互いにかなりスピードに乗った状態となります。
今回の動画では触れたとき勢いあまって受け手が転がってしまいました。
転んだときに思わず手を着いてしまったり、壁にぶつかったりしないよう注意が必要です。


関連動画:こちら 「気配を消して近づく」 短い距離の縮地
関連動画:こちら 「近い間合いをいっきに近づく縮地法」
関連記事:こちら 「気配を消す?縮地法 」 術理解説
関連記事:こちら 「縮地法という術について」解説
「縮地法」の関連記事は : こちら 
「反射神経」の関連記事は : こちら 
「居付く、居付かせる」の関連記事は : こちら
2011_08
14
(Sun)07:00

縮地法 距離2.7m 動画(秘)

この記事は会員限定です。
会員限定動画はこちら→縮地法 距離2.7m 動画(秘)

先に公開したパラパラ漫画版(距離2m)と(距離2.7m)動画編です。
距離2.7m編(畳を横に3枚の距離)の健心は、的に当てようという意識が働き
一歩目後の体勢が上方に伸び上がってスピードと威力のロスが見られます。
また、打が中心から外れているため打の後体勢がねじれてしまってます。
術としてはいまいちですが健心流だけに公開いたします。