2012_01
20
(Fri)07:00

健心流 当身 「波当て」


健心流で行う当身(あてみ)の一つ「波当て」(なみあて)です。
この術は弓矢の弦をいっぱいに引いておいていっきに矢を解き放つことに似ています。
しかし、解き放った力は相手を貫かないようにいたします。
当てる様は水の表面を叩く様に
あるいは(除夜の)鐘を突く如く
力は波紋が広がる様に相手の体の中に浸透していき
相手は突き飛ばされずにその場に崩れ落ちるのが特徴です。

関連動画は:こちら 「触れて突きを放つ」 
関連記事一覧 : こちら 「突き」 に関する記事



2012_01
15
(Sun)07:00

触れて突きを放つ


触れた状態から突きを放ちます。
ムチのように体をつかって力を送ります。
中国拳法などの寸勁(すんけい)とか発勁(はっけい)もこのようなものでしょうか?
次回はもっと動きの小さい健心流の当身(あてみ)「波当て」をアップいたします。

関連動画は:こちら 「健心流の当身 波当て」
関連記事一覧 : こちら 「突き」 に関する記事