2014_04
25
(Fri)07:00

ブロマガ 後ろから手首を掴まれて 解説


後ろから手首を掴まれた場合の崩しです。
掴まれた手首と手の・・・

本編は「解説1」「解説2」「解説3」(各2分)の三本です。

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
2014_04
22
(Tue)07:00

東京同好会稽古内容紹介

東京同好会の州都大隙(シュートダイスキ:仮名)さんよりメールをいただきましたので紹介いたします。


健心先生、こんばんわ。

州都(仮名)です。13日、同好会稽古参加しました。

今回は私と府中(仮名)さんとのマンツーマンでした。
稽古内容は
① お互い胡坐を組んでから、相方に両腕を掴んでもらってから横転する。
② 双心一体
③ 相手に胸を押されて崩す
④ 相手に胸を押された時、自分が下がりながら相手を崩す
⑤ 木刀の先端をつまんで相方を巻き崩す
⑥ 木刀の先端を人指し指で押して、相手を尻もちつかせるように崩す
⑦ 手刀受け

でした。ただ、午後からは新参加者の 大海之起(たいかいのおこり:仮名)さんが参加し、①②を再稽古しました。

①②は同好会では始めに稽古する定番です。
⑦は最近11月稽古の内容が動画でアップされたので、おさらいしました。
結構慣れてきていると思います。

③から⑥は各技20~30分は稽古したのではないでしょうか。時間が経つのが異様に早かったです。
③は相手に胸を押してもらってから、相手を真下、相手のつま先側、踵側へ崩していく稽古を交互にじっくりやりました。

④は難しかったです。まず、下がりながら相手を崩しにいくと必ず、相手の押している手が胸を滑り、相手の足が前へ出て、
体勢を整えます。だから、沖縄のお弟子さんは手を添えて、練習しているのだなと動画見ながら、確認しました。
で、うちらが工夫したことは
・相手を崩すことはしないで、相手に胸を押してもらい、胸から感じる圧力(繋がり)を切らないよう一歩ずつ後退する練習です。
 これは難しいです。一歩後退するなかで、大抵、途中、前足と後足が重なり出すと圧力が減じる。後退していくと周波数みたいに
 胸への圧力が脈動します。一定の圧力で定常しないのです。本来なら、定常を保つのが真なのかもと考えてはいますが、
 的外れな考察ならすみません。
・で、うちらは胸への圧力の脈動が高まった時、相手を下に崩すタイミングと捉え、崩しを実施。これなら、なんとか相手の手が
 滑らないでいけてました。邪道な崩しの場合、お許しの上、5月稽古会で教導お願します。

⑤は見当もつかなかったです。ただ、動画見て、崩されている状況から動画を逆回しする感じで自分たちで演じてみると
 自分たちが各自で相方の木刀を巻く軌道を知覚し始めたようでした。
・うちは、木刀を手で挟んだら、蛇が木刀を中心に相手の前手へ巻きつくイメージで最終的には相手踵へ力を送り込む感でやってみました。

⑥も見当つかなかったですが、いろいろ、試していった結果、木刀の先を上に指で押し上げてから、下に力を送り込むと尻もちつくようです。
 さらに、木刀の先を指で押し上げないで崩すには木刀と指の接点を変えず、指を動かさないで自分の○○○側を動かすと威力がます感
 がありました。相手の前手が支点??でうちの○○○側筋肉が力点?? 柄が作用点?? になるのか・・・

⑤、⑥は手ごたえなく、相手が倒れるので、自分では不安、間違えている感があります。

5月で健心先生と出会って、半年が経ちます。稽古の方向性、採点、先生の技を受けて、感覚の見直しが必要と思っております。

                                                                                    以上


(健心返信)

州都大隙(シュートダイスキ:仮名)様

稽古内容の詳細ありがとうございます。

①②は講習会や沖縄でも新しい方がいらっしゃると必ず行う基本の稽古です。
この稽古で手をとっただけで相手のレベルが分かるほど繊細で感覚重視の稽古です。

④ 相手に胸を押された時、自分が下がりながら相手を崩す
は難しい技です。
相手との関係が壊れない事をキープすることが大事です。
押された分だけ下がるようにいたします。
決して自ら引いてはいけません。

⑤ ⑥は木刀を介して相手と繋がることがもっとも大事で
つい手に頼ってしまいますが相手の状態を知る感覚を大事にいたします。


>⑤、⑥は手ごたえなく、相手が倒れるので、自分では不安、間違えている感があります。
手ごたえなく、相手が倒れる時はおそらく正解です。
心配ないです。


⑦ 手刀受け
は昨年の同好会稽古で皆さんかなりコツを掴んでいましたので
再現性は安定していると思います。


5月にまた一緒に稽古ができることを楽しみにしております。
課題については遠慮なく次回講習会のときに教えてください。
取り上げて皆と一緒に稽古したいと思います。

健心
2014_04
21
(Mon)07:00

ブロマガ 手絡み技法


上はサンプルです

「手絡み」(テガラミ)の解説です。
この術は両手を使って関節を極めれば痛みで倒すことも出来ますが
健心流では痛みではなく体術の崩しを重視して稽古いたします。

動画では
1.・・・位置関係
2.体さばき
3.力を送る・・・
4.・・・関節を極める
について技を極めるためのコツを解説しております。

稽古の参考になれば幸いです。

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
2014_04
18
(Fri)07:00

東京同好会からのメール紹介

東京健心流柔術同好会の府中真留さん(フチュウマトメ:仮名)からのメール紹介です


健心先生こんにちは。
今日は、毎月1回開催している同好会の稽古会を、やりました。
午前は、州都大隙(シュートダイスキ:仮名)さんと2人午後からは、新規メンバーの 大海之起(たいかいのおこり:仮名)さんが、合流して3人での稽古会で、今回も、相手との繋がりや○反力を意識してゆっくり動く事を、課題にして稽古しました。
胡座をかいて相手との繋がりを確認する事から、始まり双心一体、相手に悟られないようにして相手を無力化させた動き、推手みたいな動きからの崩し、押してくる拳を、手の平で誘導して崩す事や押してくる相手を崩す動き、相手の木刀を手の平を使って崩すなど充実した内容の稽古が、楽しく出来ました。
木刀を相手に持たせ指先で、瞬時に相手と繋がり崩しを掛ける事もやりましたが、剣先を持ち上げて相手を崩す事は、出来たのですが、剣先を真下に落とす事は、残念ながらまだ出来ませんでした。
来月予定されている5月18日の東京稽古会での、課題も見つかり健心先生に、動作確認して頂ければと州都大隙さんと話楽しく稽古会を、終わらせる事が出来ました。
新規メンバーの大海之起始さんも、加わりこれからの同好会の活動も、良くなっていけばと思います。
府中真留

大海之起さんには、胡座をかいて相手との繋がりと双心一体の稽古をしました。


(健心返信)

府中真留さんメールありがとうございました。
健心流ワッペン製作中です。
5月の稽古会には持って行きます。
課題についても講習会で稽古したいとおもいます。
お会いできることを楽しみにしております。

健心
2014_04
17
(Thu)07:00

ブロマガ 崩しの技法(四つに組んだ場合)


上は動画のサンプルです。

動画は四つに組んだ場合の崩し技法です。
段階的に稽古をすることで崩すときの体の使い方を学びます。
一段階は相手の関節を固定する型により相手に崩れを起こしやすくする技法です。
術者はまず・・・

二段階は一段階に比べ術者の動きが少なくなります。
術者はまず・・・

三段階は動きがシンプルで関節を取ることなくごく自然な体勢から相手を崩します。
一段階、二段階で行った・・・

動画を参考に楽しみながら感覚を磨く稽古の参考になれば幸いです。

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
2014_04
16
(Wed)07:01

「気」に関するメール紹介

ある方より「気」に関するメールが届きました。
名前を伏せて内容を紹介いたします。



(頂いたメール)

気について の文書を読みました。
自分も、気で人を動かしてみたい、と思い、どのようにしたら、いいのでしょうか?
ちょっとしたコツを、教えていただけないでしょうか?
猫に、気を試されて反応があった事ですが、どのような気を鍛錬すれば、自分でも出来るように、なれるのでしょうか?
出来るようになる気の鍛錬法を教えていただけないでしょうか?
自分でも書籍などで気について、練習してきました。気感はあるのですが、どうしても、人を動かしたり、気で猫の件みたいに、気を出せるようには、なってないです。
方法を教えていただけないでしょうか?
よろしく、お願いいたします。


(健心返信)

メールありがとうございます。
人を動かすための気の出し方について

気を出せるようには気が出ている人から気を受けるのが一番早いです。
気を受けることで気の通り道が開き気が出せるようになります。
そして出せるようになる気の種類は受けたときの気の影響を大きく受けます。
受けた気と同じような種類の気が出せるようになります。

気にもいろいろな種類があり
武術的な気や人の治癒力に影響を与える医療用の気などがあります。
同じ医療用でも
レーザービームのような鋭いもの
体全体が包まれるようなもの
心や感情に届く癒しのもの
体こそ動かないが脳の中枢に作用するもの
トランス状態を誘発するもの
催眠術に近いもの
ある種の霊障に関わるもの
潜んでいた多重の人格を引きだすきっかけとなるもの
などいろいろな種類があります。
これらは出力する側の意識や人格などその人のフィルターによって決まるようです。

人を動かすための気を出すには
人を動かす気を出している人の気を受けるのが早道です。
人を動かす気を出す方はたくさんおられます。
但し期待するほど強力なものは少ないです。
例えば100メートル競技で走っている人などは
外部の刺激から影響をたやすく受けないようバリヤが張られているので気による感応は期待できません。
受け手が受けるための準備(感応するアンテナ感覚)を持ち合わせていることや
リラックスして受ける気持ちでないと気は流れにくいです。
催眠術と似ています。
掛かりやすい人や掛かりやすい状況があります。

自分でも気を発動させる手法はあります。
「合掌行(がっしょうぎょう)」一生に一度、肩より肘を上げた状態で手の平を40分間合わせることで手の平の「ロウキュウ」というツボを開く方法
「禊(みそぎ)」神主さんや行者さんが自らを高めるために行う日本古来の行法
「活元運動(かつげんうんどう)」「「愉気(ゆき)」野口整体の気の誘導方
「ヨガ」インド
「気功法」中国
などなど他にもいろいろです。

出る気はその人の人格や思い体の状態などのフィルターを介して出力されますので
質の良い気を出すためには
自らの心身を整えることと健康が大事です。

気で人が動かせる様になると面白くてやりすぎてしまうことがあります。
蓄えた気を使うやり方ではすぐに気が枯れてしまい体調を崩します。
そのためにも取り入れた気を出すようにした方が良いです。
自らを気の通り道とするだけの存在としたほうがいいです。
息を吸うとき取り入れ、息を吐くときに気を出します。

それと相手を動かしてやろうと強く念じたりするよりも
一体となって心地よい状態になるほうが良いです。
念や意志で相手を動かそうとすると、実際の気の動きと意識との差がある場合
心身のバランスが崩れ体調不良(偏差:ヘンサ)を招くので注意が必要です。

気の流れは関節や緊張のある部分で止まりやすいです。
ですから気を出すときや受けるときは関節を緩め心身ともにリラックスすることが
流すためのコツです。

余談ですが気による感応現象は量子力学の「量子もつれ」という現象で
今後科学的に解明されるのではないかとひそかに期待しております。

健心



昨日、メールありがとうございました。
人を動かす、気を出す事が出来る人から気を受けることが、簡単で早いとありました。
気を受ける時間とかは関係しますか?
気を受けるには、遠隔やCDなどの媒体でも可能でしょうか?
すみません。
出来るようになりたいので、出来る気を遠隔などで送っていただけないでしょうか?
試験的な形でもかまいません。
人を動かすための練習方法や、猫に気を出していた方法など、イメージなどで気を出すのですか?
詳しく教えていただけないでしょうか?
よろしく、お願いいたします。


(健心返信)

○○様
気を遠隔で送る件について

>気を受ける時間とかは関係しますか?
15~20分は必要かとおもいます。
気の通り道が開通するまでに始めはそれくらいかかるとおもいます。


>気を受けるには、遠隔やCDなどの媒体でも可能でしょうか?
CDや動画、画像で気の道が開通する方の場合、開く準備が出来ていて開くきっかけ待ちの状態です。開くことがあるとおもいます。

>出来るようになりたいので、出来る気を遠隔などで送っていただけないでしょうか?
遠隔で気を送るにあたり私の場合送り手と受け手にある種の関連付けが必要です。
お会いして気の入りやすいツボから一度気を流し交流したあとでなら遠隔による気を送った事があります。
お会いせずに例えば電話だけで話をしてから気を送るということは行ったことがありませんので出来るかどうか分かりません。

それと気やチャクラに関しては安易に開くものではないと考えております。
時期が来て必要になると自然に開くものではないかとおもいます。
それと人によっては気の軌道が出来たあとコントロールが上手くいかず「偏差(ヘンサ)」という体と気持ちとの空回りで頭に気が上りっぱなしになり心身のバランスが崩れた状態になることがあります。
これは特に注意が必要で、指導者が近くにいてケアできる状態でないと危険です。

そのようなこともあり現在私は体術が中心で気に関しての指導は行っておりません。
気を遠隔で送って交流することは控えさせていただきます。


>人を動かすための練習方法や、猫に気を出していた方法など、イメージなどで気を出すのですか?
気の通り道が開通したならば、
背骨との気の感応をみるのが簡単です。
モデルさんに立っていてもらい
背後から術者は・・・途中省略・・・
勝手に体が反応いたします。
これはほとんどの方が体験することが出来ます。
これで気による交流が確信できたら
少し離れて行います。
今度は手の平から出た気がモデルさん全体を包み込む感じです。
呼吸に合わせて(吸うとき取り入れて、吐くとき出します。)気を動かします。
相手によって感応しやすい方とそうでない方がいますので
動かなくてもショックを受けずに
感応しやすい方でためしてください。

いよいよ感応することが常識になったならば
電車で向かいに座って寝ているような人がいれば
その方の親指を漠然と意識してただ息を吸うときに気を取り入れて、吐くときに自分の手の平からふわーっと気が出て相手を包むようにイメージいたします。
そうすると寝ている方の親指がピクと動くことがあります。
持っている本を落とすことも可能です。

猫の場合も一緒です。
自分のところに来て眠っている猫がいいです。警戒心がない状態です。
猫全体をこちらの手の平から出ている気で包み込みます。
何かしら変化が出てもそれにとらわれずにどんどん気で包みます。
リラックスとやさしい気持ちが大事です。

これが人を動かすための練習方法と猫に気を出していた方法の詳細です。
但し先にお話した「偏差(ヘンサ)」の注意がありますので、そばに指導者がいる状態で行ってください。
個人で行う場合は自己責任でお願いいたします。

健心



他にも同様な疑問をお持ちの方がおられるとおもいます。
参考になれば幸いです。

健心

その後のメールについて会限定記事へ
2014_04
14
(Mon)07:00

2014年4月福岡稽古会参加の方からのメール紹介

メールでは始めてお目に掛かります、4月5日(土)研修有り難う御座いました。
私は 武徳成人(ぶとく なりひと:仮名)と申します
ある武術を長年やって居りますが、先生の術は目から鱗が落ちたような妙な気持ちになりました。
先生の術はその武術にも、応用が利くような気がします。
しかし術の往来は、指導者の心にはなかなか届かぬ、もどかしさがあります。
現在やっている武術は、いにしえのものとは、似て非なるような気持ちがありました。
非力者にも護身術として何かないかと模索していました。
大和車名家氏(やまとしゃめいか:仮名)の紹介があり、同行したしだいです。
健心流柔術は、私の理想のものであり、正しく渡りに船といったところです。
現在は、数人で先生の教えを、反復演錬しています。
道は遠いでしょうが、先生の教えを基に、行っている武道の技の中に健心流柔術を取り入れながら、遠い道のりですが、頑張ろうと考えております。
先生の来福の折には、お世話になりたく存じます。
宜しくお願いします。

武徳成人


(健心返信)

武徳成人様
メールありがとうございます。
福岡稽古参加ありがとうございました。
おかげさまで充実した稽古会となりました。
その後も健心流を取り入れて稽古をされていることを嬉しく思います。
技はお仲間がいて一緒に上手くなることが出来るものです。
これからも仲間を大事に稽古を続けていかれることを期待しております。

本年中にもう一度福岡には伺いたいとおもいます。
その際はまたお会いできることを楽しみにしております。

健心流柔術:健心


返礼有り難う御座いました。
こちらは、火曜日&土曜日の週2回練習をしています。
現在部員は、福岡に同行した4人だけです。
大和車名家氏(やまとしゃめいか:仮名)を介して、福岡市の同好会と合同練習を促している所です。
今月の町広報で、同好者を募集しました。
所が電話番号が違い、出発から失敗しています。
5月号で正誤表を載せて貰う事に成り、それを期待しています。
1名でも参加者が増えれば、幸と考えています。
良い報告事項がありましたら、メールさせて頂きます。
今後ともよろしくおねがいします。
武徳成人


(健心返信)

武徳成人様

同好会の方が増えることをうれしくおもいます。
この技は力に頼らないので何時からはじめても上手くなれます。
今ある体でまだまだ使い切っていないところを合理的に使うことが稽古です。
年齢や体格より術の精度と感覚が大事です。
これは衰えません。
福岡も含め沖縄以外の場所の稽古が充実して一人ひとりの技が高まり
稽古や技を楽しむことができる同士が増えることが望みです。
今後ともよろしくお願いいたします。
返信ありがとうございました。

健心流柔術:健心




お多忙の中私の様なもににもお知らせい戴き有り難う御座いました。
ブログをみました。
先生の技の中で、この指とまれの技を妻に試してみますと、見事に決まりました。
技は繋が肝要の教えは、技の基本の基本、この所を真髄として、学びたいと考えています。妻に試した繋がりは、対者に伝わるエネルギーとなり、伝動し打倒出来る不思議さは自分の喜びになっています。
同好会の次回練習日は、「この指止まれ」を新人の人に、披露し興味の動機付けにしたいと考えております。
先生の来福日が決まりましたら、是非参加したいと存じています。
お待ちしています。

武徳成人


(健心返信)

武徳成人様
メールありがとうございます。
ブログの閲覧ありがとうございます。


>この指とまれの技を妻に試してみますと、見事に決まりました。

健心流の技は体格差や力の差に対してはあまりハンデはありませんが
女性や子供は感覚が鋭く崩れに対して敏感で
さらに繋がりにくいので技をかけるのに苦労いたします。
ですから女性や子供に技がかけられるようになればかなりのものです。
「この指とまれ」は難しい方の技です。
これからもいろいろな方にかけて技をみがいてください。

健心

2014_04
13
(Sun)07:00

ブロマガ58推手みたいな動きから崩す 60片手で崩す場合の話 61襟と袖を掴んで

東京稽古2013年11月の様子ブロマガです。  (繋)会員はこちらより

58推手みたいな動きから崩す (6分07秒)
60片手で崩す場合の話    (2分19秒)
61襟と袖を掴んで      (3分49秒)

*本ブロマガは動画のみです。(動画に関する補足解説無し)


58推手みたいな動きから崩す
東京稽古58 2013年11月 推手みたいな動きから崩す
60片手で崩す場合の話
東京稽古60 2013年11月 片手で崩す場合の話
61襟と袖を掴んで
東京稽古61 2013年11月 襟と袖を掴んで

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
2014_04
09
(Wed)07:00

ブロマガ55襟を掴まれての崩し 56かわし(7)対突き 57手刀受け(2)

東京稽古2013年11月の様子ブロマガです。  (繋)会員はこちらより

55襟を掴まれての崩し   (2分01秒)
56かわし(7)対突き  (5分27秒)
57手刀受け(2) (3分18秒)

*本ブロマガは動画のみです。(動画に関する補足解説無し)


55襟を掴まれての崩し
東京稽古55 2013年11月 襟を掴まれての崩
56かわし(7)対突き
東京稽古56 2013年11月 かわし7 対突き
57手刀受け(2)
東京稽古57 2013年11月 手刀受け2

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
2014_04
05
(Sat)07:00

ブロマガ52かわし(4) 53かわし(5) 54かわし(6)

東京稽古2013年11月の様子ブロマガです。  (繋)会員はこちらより

52かわし(4) 手首をとらせて  (5分01秒)
53かわし(5) 手首を捕って   (4分26秒)
54かわし(6) 腰に抱きつかれて (3分56秒)

*本ブロマガは動画のみです。(動画に関する補足解説無し)


52かわし(4) 手首をとらせて
東京稽古52 2013年11月 かわし4 手首をとらせて



53かわし(5) 手首を捕って
東京稽古53 2013年11月 かわし5 手首を捕って


54かわし(6) 腰に抱きつかれて
東京稽古54 2013年11月 かわし6 腰に抱きつかれて

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
2014_04
01
(Tue)07:00

ブロマガ49かわし(1) 50かわし(2) 51かわし(3)

東京稽古2013年11月の様子ブロマガ(有料)です。  (繋)会員はこちらより

49かわし(1) 腰に飛びつかれて (1:31)
50かわし(2) 感覚稽古    (1:40)
51かわし(3) T氏稽古風景   (2:36)

*本ブロマガは動画のみです。(動画に関する補足解説無し)


49かわし(1) 腰に飛びつかれて
東京稽古49 2013年11月 かわし1 腰に飛びつかれて


50かわし(2) 感覚稽古
東京稽古50 2013年11月 かわし2 感覚稽古


51かわし(3) T氏稽古風景
東京稽古51 2013年11月 かわし3 T氏稽古風景







続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?