2015_08
13
(Thu)07:00

稽古会感想

稽古会に参加された方より感想が届きましたので紹介いたします。



本日は御指導ありがとうございました。

2回目の講習会でしたが、今回も沢山の技の紹介をして頂き、惜しみも無く何回も手を取って御指導して頂き大変感謝しております。

ただ、前回以上に応用技が多く密度の濃い講習会のような気がしました。先生や諸先輩から沢山の大事なポイントを教えて頂きましたが、自分の未熟さもあり、技のポイントがつながらず体現する事が出来ず、不完全燃焼の状態で終わってしまいました。

懇親会では先生から大事なポイントや口伝を教えて頂き、大変感謝しています。ただ自分にはレベルが高すぎて、全て理解する事が出来ませんでした。勉強や研究の必要があるなと思いました。

現在、自分の頭は悶々と技の整理がつかず混乱状態になっています。その為、また地元の仲間と一緒に稽古をしてわからない所を整理して、次回の講習会に臨みたいと思います。

また先生に会える日を楽しみにしています。ありがとうございました。

拙い文章ですみません。

○○


健心先生



○○です。

先日は稽古会で大変お世話になりした。

お忙しい中、時間を惜しまず、御教授頂きありがとうございました。



今回の感想ですが、

前回の基礎的内容に加え、実戦的な内容を御教授頂き、改めて、健診流柔術が投げや打撃等のひとつの枠に

こだわらず、武道的、身体操作的な広い意味で動きを追求して来られていることに感銘を受けました。

私も今まで打撃系を行ってきましたが、悪い癖を数箇所直してもらうだけで、見違えるほど効果が出たのには

驚きました。

かわし技や間合いの妙についてもそうだったのか?と気付かされました。

このちょっとしたことが口伝や奥義と呼ばれているのでしょうかね?

確かに教われば出来ますが、教わらなければ殆どの人が知ることが無いままでしょう。

昔の人が修行の中で引き継いできた財産ですね。

筋力主体のスポーツが主流の現在において、こうした文化は引き継がれ無くならないで欲しいと願います。



私も今まではいろいろな武道に興味を持ってきましたが、到達するところは同じでも教え方や思想が違うため

多くのものを行うことは自分の思想がぶれる事になると考えました。

今は縁あって健心先生やいい仲間に巡り会えましたので、これも運命と思い、今までの知識や経験を一先ず置いといて、

しばらくは健心流に没頭して見る考えです。



まだまだ、健心流の入口を少し、覗いたに過ぎませんが、これからも先生の技に触れ、稽古会にも出来るだけ出て

技を磨きたいと思います。



PS.健心流は相手があって練習が出来ると思いますが、一人のとき、やっておいたら良い練習や意識することがあれば

次の機会にでも教えて下さい。