FC2ブログ
2011_06
02
(Thu)08:00

稽古の仕方

稽古の仕方

入門して間もない方から同じ様な質問をされます。
家で自分で、できる稽古はないですか?」
入門してすぐはやる気も闘志も満々でなんとかすぐ上達したいと思うのです。
 私は「最初のうちは自分ひとりで稽古するのは難しいです。」と答えます。
「術」が出来るようになるには、出来た感じを覚える必要があります。
わかる人に出来た感じを誘導してもらう方が早いです。
自分ひとりでやると自己満足になり妙な癖が付いてしまうかもしれません。
(一部の天才を除いては)

柔術は自分と相手との関係で、バランスや作用力の優劣を作ることが不可欠となります。
相手がいなければ稽古にならないのです。

私はよく稽古のことを自転車に乗る練習に例えます
自転車に乗るときハンドルを操作いたしますが、
この操作は見ただけで出来る様になるものではありません
倒れないように操作するバランスの感覚は
実際に自転車に乗って体で覚える方がはやいのです。
ですから
自転車の練習は自転車で!柔術の稽古は柔術で!です。
«  HOME  »