FC2ブログ
2012_02
16
(Thu)00:07

バスケでの応用 重心操作と居付かせ(秘)



バスケットなどのスポーツにおいての術の応用です。
「空間合気上げ」と「蛇圧」により相手を居つかせこちらが有利に動けるようにいたします。
相手の重心を崩すことによりコンマ数秒間相手を動けない状態(居付いた状態)を作ることができます。

注)健心がバスケットをしたのは高校の体育の授業以来です。
  ドリブルはその専用の技術が必要で、健心は苦手です。
  今回はドリブルができると想定して足捌きや体の移動、
  重心の操作、相手を居付かせるに重点を置いての研究です。
  体育館とは違い狭いスペースで床と畳との違い等ありまだまだ研究の課題があります。

「居付く、居付かせる」の関連記事は : こちら