FC2ブログ
2011_06
13
(Mon)08:00

縮地法という術について

他の武術では「縮地法」(しゅくちほう)という技があるそうです。

1.長い距離を少ない歩数で接近して瞬時に相手との間合いを詰める技術       
2.近づいている事を気付かせない移動法等で「瞬時に接近する」技術                
3.そのほか相手の死角に入り込む体捌き
4.仙人?の能力の1つ、短時間で長距離を移動する術(いわゆる瞬間移動)。
                           (ウィキペディアより)


健心流にも 1.2.3.の術があります。
(4.はアニメの「ドラゴンボール」の世界の話になりそうで健心流ではまだ解明出来ていません)

その中の 1.長い距離を少ない歩数で接近する 術について

現象としては自分と相手の距離が2m半~3m弱
 (たたみを横にならべて二枚半~3枚の距離)
この状態から助走や加速なしで相手側に一歩踏み込んで突きを入れるというものです。
(護身術なので自ら攻撃することはありませんが、体術の探求として行うことがあります)


突きのあと体制を崩さないようにいたします。
その後、もう一人2m奥にいたとしてもそのまま続けて
失速することなく(むしろ進むほど加速して)もう一歩踏み出して突きが打てます。
(3人までは連続突きを検証済)

一般的な跳躍や幅跳びのような体の使い方では至難の技です。
(脚力で重力に逆らって体を進めたり、慣性力を力で克服する運動など)
この距離になるとふつうは相手まで届かないか
届いたとしても触れるのがやっとで失速してしまうでしょう。

この術は健心流独自の立ち方と歩法によって体現され
従来の方法と加速のシステムが異なります。(体の重さを感じません)
むしろ重力を味方につけて自然の法則に添うことで具現化されます。

この術を受けた人の感想は、「風が吹き抜ける感じ」とか
「いつの間にか来た感じ」とかいろいろです。

年齢からいえば私は中年と言われる年で
たいしたトレーニングもしておりませんが
短い距離のダッシュだったら若いころよりむしろ今の方が早くなっております。
7~8m距離限定であれば、まだまだ若い方にも負けないかも知れません。


           記事に関連する動画について

1.長い距離を少ない歩数で接近して瞬時に相手との間合いを詰める技術 
        関連動画:こちら 「縮 地 法」距離2.0mアニメーション

2.近づいている事を気付かせない移動法等で「瞬時に接近する」技術         
       関連動画:こちら 「突き蹴りの間合の縮地法」 短い距離で気配を消して近づく方法
       関連動画:こちら 「気配を消して近づく」 短い距離の縮地
       関連動画:こちら 「近い間合いをいっきに近づく縮地法」
       関連記事:こちら 「気配を消す?縮地法 」 術理解説