FC2ブログ
2013_05
24
(Fri)07:00

得物に重さをのせる

得物に重さをのせる
さて、健心流には相手を崩すのに大切な力の送り方(重さのかけ方)がございます。体術の際に触れて倒す時はもちろん巻き技の際にも大事な伝達力です。

動画はこちら

竹刀に重さをかけようとすると
前腕や肩で柄を支点とし竹刀の先を下げ
剣先が円周を描くように力を入れるのが一般的です。
しかし経験を積まれた方が「力を抜く」と表現することがあります。

現にT氏も剣道の師からは得物に重さをかけるために
「力を抜け」と言われたそうです。
しかし、ただ力を抜いただけでは竹刀の重さしか掛かりません。

言葉で表現するときの難しいところです。
嘘ではないと思いますが、すべてではないと思います。

健心流では脇を軽く絞り竹刀を体幹と一体にする最小限の張り(伸展力)を保ちます。
(ここのところが”無駄な”「力を抜く」という表現になると思います)
次に丹田とでも言うのでしょうか下っ腹から腿にかけて
キューっと絞るような充実感を伴った緊張を作ります。
自分自身で支えていた上半身を腰に乗せるような感じです。
上半身の重さが竹刀に伝わります。
この時は肩が下がりむしろ上半身は重さを伝える張りだけを残しリラックスした状態です。
竹刀の動きとしては柄と剣先が地面に対して平行を保ち腹と一緒に落ちていく様です。

一見簡単そうに見える技(わざ)程体の中で仕事をしております。
八百長のように見える技には表に現れない体の中の術があるのです。