FC2ブログ
2013_08
29
(Thu)07:00

武術的「気」の考察

先の気の感応現象に続き今回は武術的「気」の考察です。

動画で行っているのはある条件のもとで人は視覚により影響を受けてしまうと言う実験です。
動画は一番下より

ガソリンスタンドの洗車機で自分の車は止まっているのに洗車機が動くと
あたかも自分の車が動いているように感じた事はないでしょうか?
人の感覚というものは意外と錯覚におちいりやすいものです。


人は外界からの刺激や変化に対して反射で動く場合と意思で動く場合があります。

反射は
何かとっさに起こったことに本能的に体を守るため勝手に反応する早い動きです。
あまり後先のことは考慮されず自動で行われます。
例えば虫のようなモノが飛んできて目に入りそうになった場合は反射的に目をつぶります。

意思で動く場合は
反射に比べ考える時間のある場合に自らの意思や思考を伴って行動を起こします。
例えば石につまずいて転びそうになったときとっさに足が出るのは反射ですが
出そうとする足の前に水たまりがありそれをさらに回避して足を出したとしたら
これは思考(意思)が関与した行動です。
反射に比べ意思が伴う行動は刻々と変化するものを判断し対応できる判断時間猶予のある行動です。


「ハッ」と驚いたり、突き飛ばされて転びそうになっている最中
頭は空っぽな状態(パニック状態、虚の状態)になります。
その空っぽの状態は普段の思考は停止しある意味無防備な状態になっています。
その自らの意思の関与が薄くなっているとき
反射運動の方が優位になると思われます。

このパニック状態は同じ刺激を受けたとしてもそのパニックの程度には個人差が有ります
感受性の過剰は時として動きを制限したり、
判断力を欠如させるため武術的にはマイナスに働く場合があります。
しかしこのパニックになるしきい値は後天的な訓練によって変えることができ
パニックに陥るのを押さえ冷静を保つようにすることが可能になります。
またその逆に後天的な学習でパニック状態になりやすくなることもあります。


思考より反射優位の状態で
急な態勢の変化を強いられた場合(例えば地面が不意に動くなど)
三半規管(重力感知、加速検出)が平衡感覚を失うと視覚により平衡を保とうといたします。
そのときよりどころとしている視覚の対象が動いたり
注意を向けているものから指示が出されたりすると
意識に上らず反射的に影響を受けて動作に反映してしまうということです。


真剣勝負において
相手の中心を感じるような感覚の者が相手と対峙すれば
少しの重心の変化を感じとって攻防するはずです。
もし長けた術の使い手ならこの感受性の高さを逆手にとって
相手をほんろうして自分に有利な展開を生み出したことでしょう。

この触れずに相手を誘導する術は
空間で相手の中心を取るような中心感覚を持ち合わせた熟練者には有効ですが
相手をあまり見ないで盲滅法に突進してくるような相手にはかからない技です。

健心個人の意見ですが
この相手の虚をついて脳のパニックの起こっている状態に暗示をかける術は
誰にでもかけることができるという普遍的なものではなく。
受け手のパニックの度合いや術者と受け手のレベル差や
受け手の潜在意識への刷り込み(パブロフの犬の実験で見られる条件反射)の度合いによって
かかり具合に差が出ると思います。

一見魔法のように見える術もある条件の下で誘発されます
人間の生理的、構造的、心理的(精神的)システムの上に成り立つ術であると思います。

それゆえ、体術で技が成り立つのが術者が受け手の技量より優位の時であるように
「気」による術も
術者が受け手に対し優位の立場があるとき発現するものであると思います。


以上武術的「気」の考察ですが


「気」というものについて健心個人の解釈を付け加えると

「気」はテレビで取り上げる摩訶不思議な現象をだけを「気」というのではなく
ごくごく身近な当たり前のことにも「気」の仕業であると思います。

例えば、向こうから苦手な方(例えば:いかにも怖い感じの方など)がやって来たとします。
その時こちらに緊張が走ったり、警戒心が芽生え脈が早くなったとしたら
向こうの発するものに影響を受けてこちらの「心」や「体」が動いたのです。
紛れもなく発っせられた「気」によって動かされたのです。

つまり視覚情報も離れた相手の心を動かすのに十分な媒体なのです。

つまり見えないもの、触れないことだけを「気」というのではなく
触れていようが離れていようが
実感出来る五感を含めそのほか(電磁波、引力、その他)情報伝達する媒体があれば
互の個体の心や(脳)体にが影響を与える存在はすべて「気」だと思います。

情報媒体どころか、東洋思想では宇宙に充満している「気」というものは万物の一番の素で
空間、分子、原子、電子、エネルギーすべてをも構成する「おおもと」(素粒子)で
その「気」が凝縮すると物質や生命や体となり、人の意思や念をも作っているとされています。

「気」は個体でもあり意識でもあり情報の媒体でもあるわけです。
「気」は特別な超能力みたいなものだけを指していうのではなく
ごくごく身近な当たり前のことも「気」で出来ているのです。

例えば
音楽を聴いて感動、絵を見て共感、テレビドラマで涙する、お笑いを見て笑う、うまいものを食って幸せ、風にあたって風邪を引く、マッサージで気持ちいい!、フェロモンを嗅いで恋に落ちる・・・

視覚も含め心や体を動かすものは全部「気」の仕業なのです。


動画はこちら