FC2ブログ
2014_01
01
(Wed)07:00

受け手の誘導教授

腰からの送り

健心流の稽古では稽古相手みんなが先生になりえます。

稽古相手が術に関して同じレベルであったとして
技をかける側と技を防ぐ側に役を決めて稽古すると
受けては純粋に防ぐ事だけに注意を向けることができるので
防ぐことに関しては数段レベルが高くなります。
つまり技をかけるより防ぐほうが簡単と言うことです。
一方技をかける側は仕掛ける際の気配を消す精度が問われ非常に難しくなります。
術をかけるほうが受けての数段上のレベルが必要になります。

さらに受け手が見本となる技を受けたことがある場合
見本の技と比較することで技がどうすればかかるか誘導し
相手の足りないところを気付かせ伸ばすことができます。

健心流では受け手になった側が先生となります。
成長した方が今度受け手になって同様に相手を引き上げます。
このようにして受け手と術者が交互に入れ替わり
互いに見本に近づくよう相手を引き上げていくことができます。

ですから健心流ではお互いが先生です。

動画は誘導と褒めて伸ばすKさんの教え上手がかいま見られます。

動画は右下 Read More>> より