FC2ブログ
2014_01
27
(Mon)07:00

東京同好会の稽古様子 メール紹介2

東京同好会の稽古様子をメールにていただきましたので紹介いたします。

<以下メール文>     

健心先生

遅ればせながら、本年もご指導よろしくお願いします。
ブログにある”シュート系”の ○○です。

1月19日 東京同好会で稽古しました。○○さん、○○さん、○○さん・・・です。同好会活動は2回目ですが、進歩や気づきがありました。健心先生の目の行き届かないところですので、小さな進歩、気づきかもしれません。

稽古内容は

① 「胡坐を組んだ状態で相手に両手首を持ってもらい、相手を
横転させる」です。これを大体30分はしました。
はじめは相手と繋がるのですが、倒そうとするとき繋がりが
 切れたり、相手を力でねじ伏せにかかる傾向が前回と続き、
  受け手と語らいながら練習しました。私の場合、腕・胸を円
  になるように張ることと相手の○○を掴むイメージだけに
  専念し続けることで、逆に相手が横転しやすくなりました。
  皆も相手を倒そうとしすぎだったのでは?と感想です。

② ①の稽古を立って行うバージョンです。相手に両手首持って
  もらった状態から1歩進んで、次に横に廻り相手を崩す段取
  りですが、ここでの”気づきポイント”は”初めから横に廻
  りこんだ状態まで、相手と自分が真正面に面を合わせる”
  ことを徹底するマインドで行うことではないかと感じました。

③ 「相手の掌に自分の掌を重ね相手の○○側、○○に崩す」
   のですが、これは皆はじめから相手を崩せてました。
   1か月に1回の集まりなのに驚きです。相手と掌を通じて
   繋がり、崩しの精度アップを目指したいです。

④ 推手からの崩しで上手く崩せることを確認。

⑤ 片腕崩しに挑戦です。③で上手く繋がれたので、片腕崩しも
  これに近しいのではと考え、チャレンジしました。結果、
  初めてなのに、相手を手前に崩せました。また、ひょんな
  ことから、自分の腕を立てて、相手に両腕で握ってもらった
  状態から少し強引でしたが力を相手丹田に流し込んで相手を
  尻餅つかることも経験しました。
  
⑥ いい感じで稽古できているので、”この指とまれ”に挑戦
  しました。⑤の手前に倒すに近い動きで相手が崩れるのです 
  が、動画と比べると崩しの軌道が違うような気がしました。

⑦ 木刀を持って、③のように前や後ろに倒す練習です。
  木刀を横に寝かせると③は上手くいきますが、木刀を立てると
  相手の手首が動きを吸収して上手くいかず。

⑧ 丹田崩しを練習しました。直接丹田に拳を当ててみたのです
  が、力を入れなくても、相手が崩れる気づきを経験しました。

今回は3時間程の稽古でしたが、充実しました。5月の健心先生の
指導が待ち遠しいです。              以上



<以下健心より返信いたしました>
○○様

1月19日 東京同好会で稽古の詳細ありがとうございます。
稽古を続けているということで嬉しく思います。

稽古の内容も充実しているようですばらしいいです。
力づくで行わないで繋がりを稽古することが大事で
それが稽古で行われていることを察することが出来ます。
正しく稽古が出来ているようで感心しております。
同時に技の感覚も消えていないようで安心しております。

力ではなく繋がりの感覚が伴っているならば
形はどんな技でもかまいません大いに技を楽しんでください。

技の稽古は「遊び」が大事です。
大いに楽しむことです。
大人であっても童心に戻って術(わざ)の神秘や心地よさを味わって下さい。
楽しんでやることがうまくなる秘訣です。

純粋な「遊び」は「無邪気」になります。
「邪気が無くなる」ということは倒してやろうという我や気負いが無くなり気配が消えるということです。

術は構造力学、人間工学、心理など含みそれらが混ぜん一体となって現象として表れています。
術を極めることは現実において無理、無駄の無い効率のよいエネルギーの使い方を身に付けるということです。

ここでいう「遊び」は目先の快楽(酒や賭け事にふけるようなこと)を求めることではありません
術(わざ)による「遊び」は宇宙の法則を体を通して学ぶということで
神と戯(たわむ)れる「神遊び」ということです。

こうゆう風に言うとなんか怪しいスピリチュアル的な話になりますが
極めて科学的に!です。
誤解されませんように。

稽古で「関節の遊び」と言うことがあります。
体における「遊び」は極力無くします。
繋がりをよくするためです。
しかし○○には○○の「遊び」が必要です。
ここが気配を消すということに繋がります。

今後も東京稽古の様子をブログでアップしていきますので
感覚を思い出すのに役立てば幸いです。

健心流柔術:健心